自分に合う方法

目の下のたるみを改善できる治療は、数が豊富にある為、自分の症状や効果に合わせた施術を受けやすくなっています。 例えば、しっかりと効果を出したいなら、皮膚や脂肪をメスで切開する手術がお勧めです。 メスを使った治療には抵抗を感じるという場合、ヒアルロン酸注入法や、レーザー治療が向いているでしょう。 メスを使わない治療は、皮膚や脂肪自体を取り除く治療よりも、効果が劣ってしまうケースもあるようです。 しかし、施術回数を重ねる事で、徐々に目の下のたるみが改善されているのを、実感できると思います。 このように、目の下のたるみを改善する治療は、施術方法や効果に違いがある点が特徴です。 ですので、これからは自分で治療法を選択できる自体になると、考えられています。

目の下のたるみを改善する治療を受けた後は、少なからず「ダウンタイム」が生じます。 ダウンタイムとは施術を行ってから、完全に回復するまでにかかる期間の事を言い、このダウンタイムにかかる期間で、施術を選ぶ方も多いようです。 目の下のたるみを取る治療には、メスを使い皮膚や脂肪を取り除く方法もあります。 下まつげの際などから、施術を行った場合、腫れは1週間から2週間程度続くケースも少なくありません。 一方、下まぶたの裏側から施術を行う治療法だと、腫れやほとんどなく、腫れが生じたとしても約2日から3日で引くようです。 このように、施術を行う箇所が変わるだけでも、ダウンタイムの期間に違いが出てくる為、まずは治療法だけでなく施術後の、ダウンタイムもどのくらいかかるか、医師にしっかりと相談しましょう。